手ぬぐいのプリント種類と価格

手ぬぐい

従来の日本手ぬぐいは、両端が切りっぱなしになっています。これは手ぬぐいが昔からもつ特徴です。
手ぬぐいの端を縫っていないので乾きが早く、汚れやホコリがたまらず衛生的で、高温多湿の日本の気候に合っています。また、日本手ぬぐいは縫い目がないため、結んだり切って使うときなどにも扱いやすく便利です。
新品の手ぬぐいは最初のうち両端からほつれますが、何度か洗ううちに落ち着き、端から1cm程度で自然に止まります。手ぬぐいを洗ってほつれたら、長く出た糸だけをはさみで切ってお使いください。
枠有プリントの場合は指示がなければ両サイドは未縫製で切りっ放しです。
全面プリントの場合は基本的に四方すべての面を縫製した状態で納品します。
(全面プリントの場合は希望があっても切りっ放しでの納品は出来ませんのでご了承下さい。)

最近は若い方にも人気があり、記念品や粗品手ぬぐい、御年賀手ぬぐいの作成はもちろん、結婚式のプチギフトとしてもよくオリジナル手ぬぐい作成をされます。

枠有プリント
価格・自動見積り

枠有プリント
生地サイズ 約33×90cm
印刷範囲 28×76cm
最小ロット 1枚から可能
プリント色数 6色
価格 割安
最短納期 当日発送可能
目安納期 特急納期有/通常納期で12営業日後の発送

特徴
品質と価格のコストパフォーマンスが優れています。
なお、生地端付近には印刷できません。
デメリット
生地端付近には印刷できません

全面プリント
価格・自動見積り

全面プリント
生地サイズ 約34×88cm
印刷範囲 生地端まで印刷可能
最小ロット 1枚から可能
プリント色数 3色
価格 普通〜高い
最短納期 5営業日後の発送
目安納期 通常納期は12営業日後の発送。最短8営業日便の特急納期も可能。

特徴
生地端まで自由にデザイン可能です。
デメリット
枠有プリントに比べ単価が高い
→
←